概要

なんか面白い広報方法はないもんかなーと考えてたときに思いついたネタを投下。

ソーシャル訪問販売

TwitterやFacebookなどのユーザと直接コンタクトできるソーシャルサービスで実施。

ソーシャルサービスで、自身のサービスに関連するキーワードやライバルソフトの名前で検索し、ヒットしたユーザに対してリプライやDMを送って直接営業をかける。割と一般的な広報手段。

ソーシャルトラックバック

はてブやFacebookなどのブックマーク機能があるソーシャルサービスで実施。

メディア系のブログのライターやそのライターが書いた記事に対してブックマークやいいね!を送る。その際、自身のプロフィール欄にはサービスの名前やアドレスを書いておく。好意的なコメントを書いておけば、ぶくマのコメントを読みにきたライターに対して自身のサービスをアピールできる。ピコ手のメディアで有効。

ソーシャルウィジェットインジェクション

TwitterやFacebookなどタイムライン表示ウィジェットを提供している大手ブログで実施。

タイムライン表示ウィジェットを導入しているメディア系のブログから、自身のサービスに関連しそうな記事を探す。ウィジェットが表示対象としているキーワード(多くはエントリのURL)を取得し、自身のサービスを紹介するツイートにそのキーワードを含めて投稿する。広報メッセージを定期的に投稿/削除することで、大手メディアで自身のサービスを安定してアピールできる。

ステマブログ

はてダやwordpress.comなど、サービス独自の新着記事一覧機能を持っているブログサービスで実施。

ブログサービスの多くは、サービス独自の新着記事一覧機能を持っている。そのため、各ブログサービスに適当な記事を投稿するだけで少量ながらもトラフィックを得ることができる。また、大手のブログサービスはページランクが高く、記事がアーカイブされるなどで勝手に被リンクを増やしてくれるので、ほっといてもサービスページのページランクを上げる効果がある(のではないかと考えている)。
検索対策として、記事の内容にはライバルサービスのネガキャンと自身のサービスの絶賛を含めておく。

フリーライド

はてブで実施。

ライバルサービスの名前で検索し、沢山ブクマされてるページをブックマーク。コメントに自身のサービスの紹介を入れる。他人のふんどしで相撲が取れる面の皮の厚さが大事。

エクストリームはてブ

はてブで実施。

新着ホッテントリに載せるためにセルフブクマする。短時間に3はてブを獲得すると載りやすいらしい。IPアドレスをチェックしているそうなので、自宅・会社・スマホなどあらゆる経路から一気にはてブする。

まとめ

アークデーモン言いたかっただけです。
地道に活動するのが一番だと思います!

関連するリンク

Twitterによるスパム認定への対策とBOTによる魅力的な広報のまとめ