概要

64bit版Linuxで動作する PeerCast QT バイナリの作りかたです。

作り方

まずは下記サイトからPeerCast QTのソースコードを取得します。
PeerCast QT

$ wget 'http://mosax.sakura.ne.jp/yp4g/fswiki.cgi?page=PeerCast+Qt'

64bit環境でコンパイルできるようにファイルを修正します。
変更点は以下の通り。

$ git diff
diff --git a/core/common/ogg.h b/core/common/ogg.h
index cc49dea..fba7a4e 100644
--- a/core/common/ogg.h
+++ b/core/common/ogg.h
@@ -19,7 +19,7 @@
 #ifndef _OGG_H
 #define _OGG_H

-
+#include <sys/types.h>
 #include "channel.h"
 // ----------------------------------------------
 class OggPage;
diff --git a/core/common/sys.h b/core/common/sys.h
index 3cd7428..e41cb06 100644
--- a/core/common/sys.h
+++ b/core/common/sys.h
@@ -335,7 +335,7 @@ public:
 //#define _BIG_ENDIAN 1        // qt
 #endif

-typedef long long int64_t;
+//typedef long long int64_t;

 typedef int (*THREAD_FUNC)(ThreadInfo *);
 #define THREAD_PROC int

peercast/ui/linux へ移動して make します。

$ cd peercast/ui/linux
$ make
$ make install
$ sudo cp peercast /usr/local/bin

完成!

備考

PeerCastQT開発者さんのサイトはすでに新サイトに移転されているようですが、新サイトではPeerCastQTが公開されていません。消えてしまうと困るのでgithubに野良リポジトリを作りました。

cohakim / PeerCastQT

GistにPeerCastの起動スクリプトもおいておきます。